ようこそ! 二協社ホームページへ!

バットの選び方

バットの選び方

バットを選ぶ時って、”なにを選ぼうかなぁ?”とは誰も思わないんです。少年で初めて野球をする子供以外は、「遠くに飛ばしたい」とか「もっとヒットがいっぱい打てるようになりたい」って思ってバットを選びます。バット選びを間違うと、打てなくておもしろくないですね。
今後の上達の妨げになる危険もありますから、バット選びの基本と効率よく上達するために、どんなバット選びがいいのかという視点で、基準を紹介していきましょう。

(1)自分に合うバットの長さを知る

まずはバットの長さです。初めて購入される方はメジャーを用意してください。

腕の付け根(脇)から指先までの腕の長さを測りましょう。腕を下に垂らして脇からメジャーも垂らし、指先までですね。

その数値に1.3を掛けてください。それが自分のバットの長さの基準です。

僕の場合だと、腕の長さ 64cm × 1.3 = 83.2cm なので84cmを使用しています。

img_bat

ジュニアの場合、もうひとつ一般的なのは、バットを地面に立てて、バットのグリップが股下と、鎖骨の中間あたりがベストだとされています。(図参照)

ただこれは2cm刻みでは非常に分かりにくいので、メジャーが無い場合や、店先での参考に使うといいと思います。

ひと目で分かるように、身長別の目安表も参考にしてください。

バット長さ 身長 参考学年
64~68cm 110cm~120cm 1~2年生
70~74cm 135cm~145cm 2~3年生
75~76cm 135cm~145cm 3~4年生
78cm 140cm~155cm 4~5年生
80~81cm 155cm~160cm 6年生

(2)バットのバランスを知る

バランスとはバットの重心のことです。この違いは打撃スタイルにも関わり、バッティングにも大きく影響する大事な部分ですので、しっかりおさえておきましょう。

重心を知るにはまず、「トップバランス」「ミドルバランス」「カウンターバランス」の3種類があります。簡単に言うと、重心を先端、中間、手元に置いているということです。バットの芯というわけではなく、重心ですからね。

表示があるメーカーは、バットのパッケージシールにしっかり記載していますのでチェックしてください。

バランス 主な特徴
トップバランス バットの先端にバランスを置き、ボールに負けないヘッドの効いたスイングを可能にします。重心の範囲が狭いので、バット先端の重さを感じ、バットの遠心力を活かし遠くへ飛ばす、長距離バッター向きになります。バットの重さ自体も、重ためな商品が多くなるので、振り切れるパワーが要求されます。
ミドルバランス バランスを中間に設定。重心の範囲が広いので、バットが振りやすく、コントロールしやすいです。同じ重量でもトップバランスより軽く感じることが出来ます。打率を求めるアベレージヒッターなど、中距離打者に向いてきます。 全体にこのバランスを選ぶ方が多いので、バットの中ではミドルバランスが多くなってきています。
カウンターバランス ニアーバランスとも言われます。手元近くに重心があるため、一番軽く感じるバランスです。しかし、芯に当てにくくなることがデメリットでしょう。流し打ちや、インコースにはバットが出しやすくなるので、短距離バッターに向いてきます。

バットのグリップについて

バットのグリップの太さ(細さ)は好みがあるのではないでしょうか。しかし、上で紹介したバランスとグリップは大きく関係しています。ここもおさえておきましょう。

グリップが細くシャープなバットは、トップバランスになります。グリップを軽くして、先端に重心を置こうと思うと、グリップは細くなり、グリップエンドも出来るだけ薄くなります。

逆にグリップがガッシリして太めなバットは、ほとんどがミドルかカウンターバランスなんです。

「手の中で握れるグリップのバットを選ぶ。」ではバットは選べませんよ。

(3)バットの重さを知る

長さとバランスが決まってから、初めて重さが決まります。ひとつだけお願いがあります。
‟振れるギリギリの重たいバットを買ってください!”重さに関してはそれだけです。
お店で何本もあるバットのなかで、同じ長さで違う重さの物を振り比べましょう。振るスペースがあればですが・・・。
そこで、保護者の方に見てもらって、波打たずしっかり振れる重さがいくらなのかだけチェックするんです。

軽いバットは飛びません。仮にバットに当てやすくてもヒットになる率も下がります。自分が振れるギリギリ以上のバットを選ぶようにしましょう。

  • 売れ筋ランキング
  • 野球大会結果
  • スタッフ紹介
  • webチラシ